スポンサーリンク

【ニッポン視察団】2019年外国人に人気のご当地土産ベスト25

ニッポン視察団!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

外国人に人気の日本のご当地土産ベスト25

1位:北海道の白い恋人

日本人なら誰しも知ってるこの「白い恋人」。以前から外国人観光客に人気ですが

これは納得の1位と言ってもいいですよね。

また連日たくさんの観光客が訪れるというのが「白い恋人パーク」

ここでは、製造ラインの見学や乗り物アトラクションなどがあります。

そしてこの白い恋人パークで特に人気なのが「白い恋人の手作り体験」

この手作り体験では、通常の四角いものだけでなく、ハート型のオリジナルの白い恋人が

作れるということですごい人気なんだそうです。

2位:京都の竹かご

なぜ京都の竹かごが人気なのかというと、今外国人観光客が訪れる人気スポット

「竹林の小径」で竹に魅了されて記念に買うんだそうです。

3位:東京下北沢の古着

人気の理由として、古着なのに、ヨゴレや臭いがなくアイロンもかけてあって状態が良いものが

多く扱われている事。日本ならではのクオリティだからこそ人気があるんそうです。

というのも、お店では品質チェックを徹底しており、仕入れたものはしっかりクリーニングされ

1点1点シワを伸ばす徹底ぶりです。

4位:京都の抹茶

京都の宇治抹茶は味が濃厚で舌触りがなめらかということで外国人観光客に人気です。

フランスでは抹茶ブームで自分で抹茶を点てるセットが販売するほどの人気なんだそうです。

またただ抹茶を点てて飲むだけでなく、サラダやデザートにかけて食べたりといろいろな料理

に使われるのが人気の1つです。

5位:北海道のミルククッキー

2005年に発売されたこのミルククッキーですが人気の理由としては、バターやミルクの香りが強いことやキメが細かく、口当たりがなめらかななことだそうです。

スポンサードリンク

6位:新宿の一蘭ラーメン

一蘭のラーメンを食べた外国人観光客の方が、家族や知り合いにお土産として買われたり

するそうです。またこのお土産用一蘭ラーメンには麺の硬さなどが自由に調整できるように

詳しくレシピが載っているので誰でもお好みで作れるのが人気のヒミツになっています。

7位:鹿児島県のかるかん饅頭

白くて弾力のある皮の部分が「かるかん」と言われる和菓子でここに餡こいれたものが主流になっています。また、このかるかんの材料としては、山芋が使われます。

8位:岐阜県飛騨高山のさるぼぼ

「ぼぼ」というのは飛騨弁で「赤ん坊」という意味を指し

さる+ぼぼ で 猿の赤ちゃんということになるそうです。

「災いがさる」、「病気がさる」といったかけことばで夫婦円満や無病息災などの

お守りとして使われるそうです。

ちなみに、もともとは、母がこの幸せを願い作っていたそうです。

9位:京都の山椒(さんしょう)

山椒といえばうなぎ料理使うというイメージが強いですが、買われた外国人の方は

いろいろな料理にかけて食べるんだそうです。

例えば牛肉を塩コショウで食べる代わりに山椒であったりパスタなど中にはチョコレートにもかけて食べる方もいるそうです。

10位:京都の西陣織の布

西陣織の布の中でも特に人気なのが「金襴(きんらん)」と言われる金色の糸で模様を織り込んでいる生地で日本では着物の帯やネクタイなどに使われています。

そしてこの金襴の西陣織の布を買う理由としては、生地をそのまま額縁に飾ったり、

生地をつかってポーチを作るんだそうです。また、必要なサイズだけをリーズナブルな値段で購入できることも人気の理由なんだとか。

11位:鎌倉の鳩サブレー

外国人客に人気の理由としては単なるまるや四角の形ではなく鳩の形をしていることが

珍しい事やこの可愛さを魅せる工夫として包装されているパッケージの裏と表をとめているんだそうです。この尻尾の下あたりを包装の裏と表で止めることによって持ち運んでいてもサブレーを固定して割れにくくしているんだそうです。

12位:東京中目黒のトラベラーズノート

そもそもトラベラーズノートというのは「革製のカバー」+「ノート」がセットになったものです。

そしてなぜこのトラベラーズノートが人気なのかというと、2冊以上のノートが連結できることや

ファイルやポケットを付けたりと自分の好みに合わせたカスタマイズができることだそうです。

13位:和歌山県の梅酒

和歌山の梅酒が人気の理由としては、海外で作られる梅酒よりも味が濃いというところです。

14位:滋賀県の信楽焼(しがらきやき)

この信楽焼は滋賀県甲賀市で製造され、1200年の歴史があります。そして

お皿や湯呑などありますが、その中でも外国人に人気なのが「信楽焼のたぬき」です。

人気の理由としては、海外ではたぬきが生息していない珍しい生き物であったり

見た目がかわいいからだそうです。

ちなみになぜたぬきの置物が作られてかというと、明治時代の陶芸家であった藤原鐵造が月夜の晩に出会ったたぬきに出会いその際に狸の姿をなんとか再現しようと信楽焼で作ったことが始まりだったそうです。

15位:奈良県の靴下

奈良県で買われている靴下の種類というのが、「ガラボウ靴下」と言われるものです。

ガラボウというのは糸の名前で、このガラボウ糸で編んだ靴下。特徴としては

糸の太さがまばらになっていることでこのまばらになっていることで保温性に優れている

んだそうです。

16位:広島県の生もみじ

「生もみじ」はもみじ饅頭の大手メーカーにしき堂が10年前に開発したもので

通常のもみじ饅頭との大きな違いは、使っている素材が小麦粉に対して、

生もみじでは、もち粉・米粉をベースにして作られているため皮がもちもちして生食感になっているところです。

17位:京都の革スニーカー

人気の理由としては、靴底はゴム製、アッパー部分と言われる足を包む部分は

革ということですが、その革が柔らかくは着心地が良いんだそうです。

18位:愛知県の八丁味噌

八丁味噌の特徴としては、渋みや酸味を特徴としてそれにプラスして深いコクががあります。

また火入れをしてもコクが落ちず更に増すので煮込み料理やカレーなどのコク出しに使われます。

 

19位:東京浅草のかんざし

かんざしは色や形など異なり様々な種類がありますが、中でも外国人人気なのが

「つまみかんざし」です。これはつまみ細工といわれる技法で作られた花や蝶などのデザインで飾る江戸時代に発展した伝統工芸品で繊細さや華やかさが特徴的です。舞妓さんや七五三など着物を

女性を引き立てるそうです。

20位:福岡県の博多通りもん

ミルク風味の白あんを包んだおまんじゅうとして今から26年前に誕生したこのお菓子。

人気の理由としてはただ白あんを包んだだけでなくミルク風味がついていることや

バターの香りがあり饅頭なのに洋風に仕上がっていることだそうです。

21位:神奈川県箱根の寄木細工

コースターやお財布など様々な寄木細工がありますが、中でも人気の商品というのは

「ぐい呑み」といわれるおちょこのようなものです。理由としては他の寄木細工より

複雑な作りや美しいデザインをしていることだそうです。

 

22位:石川県の輪島塗の箸

輪島塗は540年を超える歴史があり、数ある式産地の中でも唯一国の重要無形文化財に指定されています。木の温かみがあり、口に入れた感じが良くて使いやすいことから外国人観光客に人気です。

意外と気にしていなかった口に入れたときに箸が唇に当たる感じって結構重要なポイントなんだそうでここを輪島塗では工夫されてるんだそうです。

23位:神奈川県鎌倉のかまくらカスター

スポンジケーキの中にカスタードクリームがたっぷり詰まった洋菓子で鎌倉では古くから親しまれているお土産です。そんな中外国人が気に入った理由としては、ふわふわと柔らかい触感だそうです。

24位:奈良県の奈良漬け

奈良漬けというのは白うりやきゅうりなどの野菜を酒粕で漬けた漬物が普通ですがそんな中で

外国人の方が買っていかれるのは、真っ黒な奈良漬けだそうです。

通常の奈良漬けよりも香ばしいことやお酒の香りや旨味があるということで人気なんだそうです。

黒さの理由としては、漬け方なんですが酒粕に漬ける回数が6回、期間してなんと6年半も漬けておくそうです。

25位:和歌山県のみかん

和歌山県のみかんは一般的に温州みかんを指し、有田みかんや紀南みかんなどのブランドがあります。そしてみかんの収穫量は15年連続日本一になっています。

外国人に人気の理由としては、海外で売られているオレンジと比べてみかんは皮が剥きやすいこと

や甘すぎて食べやすいことなんだそうです。

 

 

 

出演者一覧

【MC】爆笑問題(太田光・田中裕二) 

【進行】井澤健太朗

【ゲスト】古田新太、坂下千里子、福地桃子

【番組ナビゲーター】綾小路きみまろ

コメント

タイトルとURLをコピーしました