スポンサーリンク

【細かすぎて伝わらないモノマネ選手権2018秋SP】優勝者やファイナリスト入り芸人のネタ・常連出場者動画まとめ

細かすぎて伝わらないモノマネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

細かすぎて伝わらないものまねシリーズ6回出場者一覧

スポンサードリンク

キンタロー。

松竹芸能所属のキンタローさんのモノマネといえば、

やっぱり前田敦子さん大島優子さんのAKBネタですよね。


モノマネ選手権の後半回から出場(第18回~第23回)が多くなり

ダンスの再現度も高くてキレキレなネタもあったりしました。

そしてモノマネ選手権18回の時にはAKBネタで優勝した関係なのか

AKBネタを封印して19回以降からはアンジェリーナジョリーや

オノヨーコネタなどのモノマネを披露していましたよね。

23回では初男性ネタでナオトインティライミさん持ったのも記憶にあたらしいです。

結構顔似てますよねw

 

 

佐橋大輔(ガンリキ)

プロモーションススム所属の芸人さんでこの方といえば

やっぱりあしたのジョーの丹下ネタのモノマネですよね。

何度も見てもこのネタは爆笑しちゃいますw

そして佐橋さんも常連ということで、第13、

第15~第18回、第23回と6回出場されていますね。

常連としてはもちろん実力もあり、第23回の細かすぎて伝わらないモノマネ

では準優勝されています。

 

 

阿佐ヶ谷姉妹

阿佐ヶ谷姉妹はこの詳しすぎて伝わらないモノマネシリーズで

人気となった方たちの芸人ですよね。

出場回数も、第13回~第15回、第20回、第22、第23回と6回出場されている

実力派で、特徴はなんといっても二人の歌芸で、二人の息はほんとピッタリですw


得意なモノマネは「由紀さおり・安田洋子姉妹」でこのネタで第13回では

準優勝に輝いています。

 

竹岡和範

プライム所属で出場は第11回~13回、第15回、第18回、第23回と6回出ている

常連芸人さんですね。

 

個人的にめちゃくちゃ好きで、やっぱり竹岡さんの「サ行が言えない人」シリーズは

毎回爆笑しちゃいます。

また第23回では、「サ行」ネタを封印してアマレス兄弟というコンビで伊調選手レスリングネタもやったり新しいことにチャレンジしていましたね。

ちなみに竹岡さんですが、以前までは、ハイエナというコンビでやられていたんですが

第18回当たりの時期で解散していたそうです。

 

上条剛志(かみじょうたけし)

第7回~9回、第13回、第16回、第20回と6回出場され、

メインのネタとして高校野球ネタやプロ野球の選手や監督などをやっていますよね。

私個人的には、結構板東英二さんネタ好きです。結構似てるんですよね。

ほんとモノマネ選手権の常連芸人さんのモノマネの再現性の高さはびっくりします。

 

Gたかし(グラップラーたかし)

直井崇さんは初期に登場したときから名前を結構変えていて

直井たかし→グラップラーたかし→Gたかしと

今現在は「Gたかし」として活動されています。

 

出場回数は全6回と常連さんで、得意なモノマネは

アントニオ猪木さんで第14回では本人と共演することもあったりなんですが、

第12回で披露した藤岡弘、さんのネタ結構じわじわきて面白かったですw

藤岡弘さんが言いそうな事が詰め込まれていて見るたびにジワります。

 

シューレスジョー

シューレスジョーさんは第6~第11回まで連続して6回出場の実力派芸人さん。

この方のモノマネといえばとくダネの「小倉」ですよね。

テンションの高いパターンとテンションの低いパターン小倉さんは鉄板ですw

最初のオープニングの数秒にモノマネが詰め込まれていて爆笑ものですよね。

「あまたつー!」の言い方だけお腹痛いのは私だけですかねw

 

アントニオ小猪木

私の中で細かすぎて伝わらないモノマネシリーズでこの人いなきゃ始まらないっていう

1人です。

アントニオ小猪木さんといったら、プロレスネタなんですがその中でもやっぱり

落下装置やステージをフル活用した芸がめちゃくちゃ面白いですよね。

特に、サイレント落下が一番のツボです。

 

山口宇史

山口さんは初期のモノマネシリーズでは常連となっていて、

全6回出場されています。ただ、最後に出場したのが第9回と

最近ではでてきていません。

また復活して得意なアメリカ映画ネタとか外人ネタ見たいですね。

 

次のページでは出場回数7回以上の出場者です。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました